注文住宅の中間検査では建物の配置や構造体の寸法などをチェックする

注文住宅の中間検査では建物の配置や構造体の寸法などをチェックする

2000年以降、日本では若い世代の方の間で新築分譲戸建てを購入なさる方が増加傾向となっています。
以前はマンションやハイツに人気が集中をしていましたが、確かな資産としての価値が高い戸建てを支持をする層が増えたいうことです。
そのなかでも注文住宅を採用なさる方も多く、限りなく理想的な住まいとなる点が人気に秘訣といえるでしょう。
これから注文住宅を購入しようという方も多いでしょうが、その際は建物の中間検査をしっかりとチェックをしなくてはいけません。
簡単にそのチェック方法をご紹介していきましょう。
まず注文住宅では基礎工事も購入者ご自身で選ぶことが可能です。
構造体の配置と大黒柱の有無、さらには軸組工法で使用をする梁の採寸も実施をすることです。
これらは基本的にはハウスメーカーのスタッフが担当をしますが、高い買い物でもあるためご自身の目でも確認をして、一切の不備がないことを知ることも重要なポイントといえます。

注文住宅の施工後には完了検査を受ける必要がある

注文住宅を造り上げた後には、完了検査を受ける必要が生じていきます。
建築基準法に基づいた形で、家屋の施工が行われているのかを、専門家が立ち会いながら確認していくのです。
自由な設計が行える注文住宅では、建築途中に変更を加えるケースも少くありません。
問題のない変更だと考えていても、完成した後に法に触れる家屋へと仕上がってしまうことが有り得るのです。
完了検査を通過しなくては、家屋に対するローンが適用されないことへと繋がってしまいます。
建築工事が完了した際には、速やかに検査を行う準備を整えていった方が良いでしょう。
ハウスメーカーには、検査を受けるための申請手続きを代行するところが多く見られます。
建築主が委任状を用意していけば、ハウスメーカー側で代理しての検査を実施してくれるのです。
建築途中に、些細な部分についての変更を加えていくことは珍しくありません。
建物が造り上げられる前に、気になる箇所を修繕しようとするからでしょう。
多少の変更であっても、検査を通じないことは十分有り得ます。
早目に検査を行ない、対応が必要な場合には速やかな対処を行うことが大切です。

に関する情報サイト
注文住宅の現場検査について解説

このサイトでは、新築で注文住宅を購入した際に実施をされる現場検査について解説をしていきます。
一生に一度の買い物とも称される住居の場合、安全に長期間暮らせる基準を綿密に設けているのがポイントです。
一般的な4LDKの住まいであれば、その検査項目は200か所にまで及んでおり、すべてをクリアしなくては住むことはできません。
非常に専門的な知識を必要としますが、どなたにでも把握ができるようにご紹介をしていきます。

Search