住宅のどんな検査が行われている?注文住宅の現場検査の全体像を詳しく解説!

このサイトでは、新築で注文住宅を購入した際に実施をされる現場検査について解説をしていきます。
一生に一度の買い物とも称される住居の場合、安全に長期間暮らせる基準を綿密に設けているのがポイントです。
一般的な4LDKの住まいであれば、その検査項目は200か所にまで及んでおり、すべてをクリアしなくては住むことはできません。
非常に専門的な知識を必要としますが、どなたにでも把握ができるようにご紹介をしていきます。

住宅のどんな検査が行われている?注文住宅の現場検査の全体像を詳しく解説!

注文住宅で実施をする現場検査は、1998年から建築基準法で義務化をなされました。
計200項目の検査をすべてクリアをして、はじめて注文住宅というスタイルで販売をなされます。
もしも現場検査で不備が見つかった場合は、素早く施工のやり直しをしなくてはいけません。
ハウスメーカー側では担当者が毎週必ず現場を訪れて、自社の基準に則った現場検査もなされています。
通常は国土交通省の諮問機関が担当をしますが、念入りな対応をしているというわけです。

注文住宅には法律や契約により最低限行うべき検査がある

新築の注文住宅は法律や契約により、基本的な検査を受けるようになっています。
基本的検査には、社内や工事監理によるもの、そして住宅瑕疵担保責任保険や建築基準法に基づくものなどとなっており、これらはすべて最低限行わなくてはならないものです。
注文住宅における建築基準法に基づく方法では構造体を調べる中間、そして竣工時に行うものがあり、実施するのは行政もしくは指定の確認検査機関です。
適合していると認められると検査済証が発行され、この交付により次の工事に進むことができ、さらに建物を使用できるようになります。
地域によっては中間が不要なこともあります。
住宅瑕疵担保責任保険もまた2つの検査があり、オプションで防水関係もつけることが可能です。
これは住宅会社が保険に申し込む際に受けなくてはならないものであり、10年保証の資金確保のため必要となるものです。
構造欠陥や雨漏りに関して10年補償をしなくてはならないため保険加入を法律で義務付けており、この検査を行い認めてもらいます。

注文住宅の検査は建築基準法に適合するかどうかを判断する

注文住宅の検査で最も重要なポイントに、建築基準を満たした物件であるかどうかという点が非常に重要です。
わかりやすいのが、地震に関する基準です。
そもそも、日本は非常に地震が多い国家であるためそれに対応することが可能な建築であるかどうかがとても重要です。
この地震に強い物件であるかどうかというポイントは、実は建築基準法の中でもきちんと存在します。
耐震性がないと住宅を安定させることができなくなりますので、それを満たすことができる建設構造になっているかどうかという部分が必ず確認されます。
そこで生活をする人の生命や財産を守ることができるかという点を確認するために、建築基準法が制定されていますのでこれ守ることができないと意味がありません。
そのため、客観的な観点からも必ずこういった評価の基準が非常に重要です。
注文住宅の場合は、オーダー形式で話を進めることがほとんどであるため必ず客観的な観点から安全かどうかを確認しなくてはなりません。

注文住宅の検査で認められると検査済証が発行される

注文住宅での建築工事を契約し竣工した建物であり、いかに住宅メーカーが問題のない建物だという主張されても根拠を示すものではありません。
では、まずは建築基準法上問題のない建物だと認めるために、何があれば証明することができるのでしょうか。
その証となるものが各自治体が建築することを許可するという内容の建築確認であり、工事中の然るべき時期に実施される中間検査です。
また、建物が完成した場合に行われる完了検査もあり、この全てが建築基準法上問題がないとされた時に発行される書類が検査済証となります。
この3種類の検査は新築建物を祟るために義務付けられており、建築確認に合格して初めて当該工事の着工が認められます。
次に中間検査は一定の工程まで進んだ時に、義務付けられた検査となります。
義務付けていない場合でも最終的な完了検査時には同等の検査があり、回避できる内容の検査ではなくではなく検査を受け不合格の場合は次の工程には進めません。
完了検査は文字通り建物の工事が完了した時に受けねければならない検査で、この検査も建築基準法に基づき行われます。
この検査に合格しなければ、その建物に入居し生活することも認められません。
注文住宅の引き渡しを受ける際には検査済証が発行されているかも確認し、法的基準を満たしている住宅であることも確認しましょう。

注文住宅には中間検査という項目がある

注文住宅は完成してしまうと、外部から見えなくなる部分があります。
そういった部分の強度などを確認するために設けられているのが、「中間検査」です。
注文住宅に関わらず建築物を新築する際には、この検査を受けなければなりません。
「中間検査」の申請者は、一般的には建築主とされています。
ですが注文住宅を建てる際には、この申請をハウスメーカーや工務店、設計者の方が行ってくれることがほとんどです。
申請先は、都道府県が指定した民間の確認検査機関となります。
検査は工事監督者の立ち合いのもと実行され、検査担当が直接現場に赴くことが特徴です。
申請時に受け取った設計図などを比較しながら、建築物の安全性が十分に満たされているかを確認します。
もし不適合と判断された場合は再度設計計画の立て直しが命じられるのです。
安全と判断されれば、「合格証」が交付され建築をそのまま進めて良い状態となります。
注文住宅を建てる際には、この検査の費用負担についても知っておくべきでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の現場検査について解説

このサイトでは、新築で注文住宅を購入した際に実施をされる現場検査について解説をしていきます。
一生に一度の買い物とも称される住居の場合、安全に長期間暮らせる基準を綿密に設けているのがポイントです。
一般的な4LDKの住まいであれば、その検査項目は200か所にまで及んでおり、すべてをクリアしなくては住むことはできません。
非常に専門的な知識を必要としますが、どなたにでも把握ができるようにご紹介をしていきます。

Search